らいすPaper

アクセスカウンタ

zoom RSS 嫌いなタイプと今日の騒動

<<   作成日時 : 2006/02/09 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さんの嫌いなタイプってどんな人でしょうか?
私もいくつか嫌いなタイプがあります。
例えば「自己満足で終わる人」、「人の話を聴かない人」、「人の気持ちを読み取れない人」、「心ある行動(仕事)が出来ない人」など…他にも色々^^;
今日はこの全てを持ち合わす、最強に嫌いな職場の人の話。
「今日のグチ(職場編)」です(笑)


私の嫌いな人…それは、お節介な運転手さんです。
もともと初対面から好きではなかったのですが…
今日、ついに彼はやらかしてくれました(ーー;)

私たちは給食を作った後すぐに盛り付けをして、箱に人数分入れて箱に各クラスに運びます。
もちろん運搬もするのですが、忙しい事も多々あり、運転手さん達が手伝ってくださいます。
ご好意はとてもありがたいのですが…手伝ってもらわなくてもいい時も、急かすように給食室にやって来て「まだ持って行かなくても良かったかな〜?」と。
あの〜、もともと私達の仕事なので履き違えないでください。
焦ってミスしちゃいますよ〜^^;(苦笑)

そして今日…

頑張って作った給食をぶっちゃけました〜っ!(T_T)

年少クラスの4箱のうち、一番下の箱の中身(10人分)を崩壊させました。
ただぶっちゃけてしまったのでは誰にでも起こりうる失敗なので、私たち厨房はてんてこ舞いにはなりますが、注意する程度でそんなには怒りません、問題はぶっちゃけた原因と彼の人間性。


その前に、皆さんなら「何段も積まれた給食の箱」を運ぶ時どうしますか?
きっと、
@まず箱積みがずれていないか確かめ
A一番下の箱の取っ手を持ったことを確認し
Bお皿や中身がずれないように真っ直ぐ上に持ち上げ
C階段や段差を進む時やテーブルに置く時には絶対に箱を斜めにしないように
と…しっかりと持ちますよね?


それを全くしなかったんです。
そのクラスの箱は2段。彼は下の取っ手を持って持ち上げなければならないのに、上の取っ手と下の取っ手を持って斜めにあげてしまった事に気付かず、2段目が地面に落ちてしまいました。
もうひとりの(素晴らしいほど人の良い♪)運転手さんが一部始終を見ていました。
「確認しなくて○○組さんのをこぼしちゃいました」
…と給食が散乱した箱を持ち帰ってきました。

私たちは 煤i ̄口 ̄;( ̄口 ̄;; でした(苦笑)
何でほとんど予備がない日にやってくれるかな〜^^;
それも「確認せずに箱を持つ」ってどういう事さっ!(怒)
とりあえずその場は、私たちや事務所の量を減らす事で何とか対応できました。

責任を感じたのか運ぶと言ったのですが、
「この箱は☆☆ちゃん(組)でしたか?」
と…自分がやらかしたクラスでさえ覚えていない無責任さに強い憤りを感じ、後輩が運んでいきました。
もう一人の運転手さんは「僕がちゃんと見ていなかったから…ゴメンね^^;」と仰ってくださったのですが、悪いのは本人だけですから。


問題ありの運転手さん、いつも人のいう事を聞かなくて間違えるんです。
普通、手伝いをする時って覚えようとしますよね?
それも全くナシ、いつも勝手な解釈で進めていこうとします。

運んでくれていても、いつもクラスからクレームを受けるのは私たち。
二度手間どころか三度手間になってしまう事もしばしば…。
さらにアレルギーの子などがいて、運ぶついでに担任に連絡したいから運ばなくても良いと伝えても全く聞かず運ぼうとします…無理やり奪って私が運ぶ次第。
命に関わるんですけど〜わかってます?^^;
後から担任に聞いたのですが、彼が運んでくる時はいつもお皿がずれて給食が汚くなっている事も判明しました。せっかくきれいに盛り付けているのに…もう頼みたくありません。でも、忙しい時はお願いしないととても手が足りませんし、困った^^;


厨房業務が終わり、知っているだろうなとは思っていましたが、一応今日の出来事を上司に報告。そこで衝撃の事実発覚!
事務所(上司)はその出来事を…

私たちが報告するまで知らなかったのですっ!煤i ̄口 ̄;

問題の運転手さんは「今日は何事もなく終わりました」と報告。そして二人ともそのまま帰っていったそう、最低…仕事を何だと思っているのかしら。こうなれば信頼関係もなにもありません。
もう一人の運転手さんについては「人が良いから、きっと言いたくても言えなかったんだろうな…」とみんなも苦笑。そういうレベルの問題じゃないって…(怒)


たとえ年下でもプロの言う事は聞くべきじゃないのかな〜。
そう思いませんか?
(↑私はそう思って仕事をしています)

そして、若輩者が言うのも何ですが…
「みんなに感謝(チヤホヤ)されたいから」ではなく、「仕事の領域」を自覚し
その先にある相手の事を考えて、間違えのない
「心のある」仕事をしてもらいたいものですし、私もそうありたいと思っています。

そうしないと人から感謝される事って絶対にありませんよね。
もともと「感謝されるために仕事している」訳でないですけど〜^^;

あ〜書いてスッキリした♪(爆)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
嫌いなタイプと今日の騒動 らいすPaper/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる