らいすPaper

アクセスカウンタ

zoom RSS 「君とのDistance」 感想文♪

<<   作成日時 : 2005/10/13 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
ZARDのニューアルバム「君とのDistance」が発売され約1ヶ月…
ようやく一段落ついて、アルバムをただベビーローテーションで聴く事から脱出して、歌詞カードをじっくり見ながらアルバムを聴く事が出来ました。
そして、今更ながら…
感想を書きま〜す!(笑)
アルバムの内容を語る前に、まずジャケットについての印象と感想を☆


皆さん、ジャケットや特殊使用のパッケージ、店頭のポスターやディスプレイなどを見てどう感じられましたか?
今回は全面的にオレンジの基調となっていました。それを見て私は
エルメスだ」…と(笑)
そう、エルメスの高級感溢れる「オレンジの箱」のイメージがしたんです☆
泉水さんの写真は洋服のチェンジなどはないのですが、それが統一感を出しているようにも感じられました。そしていつ見てもお美しい☆


その高級感溢れるイメージどおりに、収録されている楽曲も丁寧にかつバラエティ溢れる内容となっておりました。
ジャケット・曲など総合的に見て、近年のオリジナル作品の中では一番の出来ではないでしょうか♪
「君とのDistance」というタイトルチューンはありませんでしたが、「君とのふれあい」「サヨナラまでのディスタンス」がリンクしているようにも思えますし、アルバムタイトルそのものが、それぞれの章(曲)を一つにまとめる、ひとつの「小説」のタイトルのようになっているような印象を受けました。

では、楽曲の感想へ…
(赤色タイトルはシングル収録曲です)

1.夏を待つセイル(帆)のように
劇場版「名探偵コナン」の主題歌を飾った曲。ラインナップを見た時「エンディングの方がいいのでは…」と思いましたが、聴いてみるとオープニングを飾るにもふさわしい曲でもありました。オーケストラ調の奥行きのあるイントロ展開がそう思わせるのでしょうか。
一人のひとを「純粋に想う」詩に好感を持ちます♪

2.サヨナラまでのディスタンス
別れを予感させつつも強くなりたいと思う、哀愁感が漂う曲。
はじめは静かに、泉水さんの歌声を無機質的なデジタル調に加工してあり、次のメロディでフィルターが外れて徐々に緊張感が上がり、サビで一気に音が駆け抜けていく、面白いアレンジでした。
個人的に一つだけ残念なのが、フィルター部分で泉水さんの歌声や言葉が聞き取りにくかった事。もう少し聞き取りやすい加工をして欲しかったです。

3.かけがえのないもの
去年のライブツアー中に完成&発売した曲。
久しぶりに再会した愛しき人を「かけがえのないもの」と純粋に想っている曲で、歌詞・メロディ・アレンジ共に素晴らしいと思います。
愛しい人以外にも、友人や家族などの大切な人、ZARD(泉水さん)とファンなど…それぞれの「かけがえのないもの」に置き換えて聴けますね☆

4.今日はゆっくり話そう
軽快なリズムでサビの「この日一番の〜♪」の高音部分が心地よく耳に響いてきます♪
個人的に最後の「数多い願いの中でも たったひとつ叶えられるとしたら 何を選ぶのだろう…」という部分に惹かれます。
ご夫婦や恋人がいる方々にぜひ聴いてもらいたい曲ですね☆

5.君とのふれあい
「名探偵コナン・水平線上の陰謀(ストラテジー)」の主題歌候補だったそうですが、こちらでなくて良かったと思います…お互いに別の道を進んでいくであろう姿が浮かんで切なすぎますから。
共感する所や実際に体験した部分がいくつもあり、夜に一人でこっそりと聴いたら泣きそうです。
この曲とは対照的なのですが、ふと’95年の「forever you」を思い出しました。

6.セパレート・ウェイズ
初めて聴いた時「月の砂漠」がよぎり、砂漠の中でひとり風に耐えながら何処かへと歩いていく姿が浮かびました。今の私の精神状態に近いかも知れませんが、お気に入り曲のひとつになりました。
イントロと間奏の管楽器が印象的で、ZARDでは珍しい「オリエンタルな風」を感じてアレンジもかなり好きです。さらに「この曲の主人公はこれからどんな恋の道を辿っていくのだろうか?」と思わせる、叙情的かつ芸術性のある歌詞に脱帽。最後のファルセットはたまりません☆

7.Last Good-bye
泉水さんが’95年にFIELD OF VIEWへ作詞提供した作品のセルフカバー。
当時のF.O.Vの浅岡さんの真っ直ぐ爽やかな歌い方も好きですが、泉水さんが歌うと爽やかでもあり、ほんわかと柔らかい印象も受け、「こういう歌い方もあったのか!」と目から鱗が落ちました。

8.星のかがやきよ
「名探偵コナン」’05年4〜9月期のオープニングテーマで、序盤とサビが大きく変化しているので面白く、絶対ライブうけする曲ですね☆
サビが軽快で覚えやすいのですごく良いのですが、序盤に言葉が多すぎて忙しい印象も受けました。でも、曲調そのものは嫌いではありません♪
ちなみに子供達には少々、詩の内容とあの速さが…難しいそうです(苦笑)

9.月に願いを
今作の中ではもっとも異色の曲ではないでしょうか。
静寂から徐々に盛り上がり、サビで大きな広がりを見せてコーラスの重なりも美しく、舞踏会でダンスを踊っている情景が浮かんできました。ワルツの3拍子「ズンチャッチャ♪」のリズムが軽快で心地良いですね☆でも、カラオケで歌うのは難しそうですね^^;
歌詞もひとつの恋愛小説みたいで美しくて、特に最後の「書きかけの手紙は そっと抽斗にしまった」は…見事に昔の私を突かれています(笑)

10.あなたと共に生きてゆく
’95年に泉水さんがテレサ・テンさんへ作詞提供した曲で、これから幸せな生活を送っていくんだろうな〜としみじみとさせる感動を与えてくれます。これから嫁いでいく人にぜひ聴いて欲しいですね☆
サビはもちろん幸せを掴んでいくであろう歌詞なので感動的なのですが、私は
「最近 涙もろい母には 心配かけたくないわ 見守って 優しく」
にすごく共感を覚え、私もいつかそう思えるようになりたいと思いました。
間奏に二胡が入っているので優雅な曲調ですが、個人的には柔らかく歌っている泉水さんよりも、国を越え様々な経験をつまれて歌われているテレサ・テンさんの方が、より深みを感じるので好きです。

11.I can't tell
前作に収録予定だった幻の曲。
別れを予感させながらも、一途に思う主人公の気持ちが痛く伝わってきます…(涙)
私は幻となったバージョンの方も聴いていたのですが、ミディアムテンポから悲壮感溢れるスピード感があふれるロック調に変わっていました。まぁZARDらしいサウンドですね。
歌詞もメロディもすごく好きなのに、ロック調になった事で曲が急ぎすぎて、詩(特に最後のサビ前の英語詩)の重みが半減してしまっているのが残念に思いました。…なので、「幻」となったミディアムテンポのバージョンの方が好きです(苦笑)

12.good-night sweetheart
本当にキュートで、抱きしめたくなるような可愛らしい主人公の曲ですよね☆
…そして誰もが共感できる恋の1ページ。もちろん過去の私にも(笑)
特に「怒ってばかりいるんだモン」がストライクゾーンにスパ〜ンときました!
終盤の「good-night, till me tomorrow  good-night sweet heart」は、ライブで合唱をしてみたくなると思ったのは私だけでしょうか?〜♪

13.君と今日の事を一生忘れない
私にとっては…意外に一番印象が薄い曲(汗)
(特に終盤の)曲の広がりやコーラスの美しさを感じるものの、コーラスの高音が泉水さんの声を飲み込んでしまっているような勿体無さを感じました。泉水さんのパートを聴きとって歌おうとしても絶対吊られますので(笑)、もう少し強さを下げた方が良かったかな〜と思いました。
歌詞は人とのふれあいや温もりを感じつつも儚さもあって深く、特に最後の2行は妙に納得してしまいます。


私の感想はこんな感じですが、皆さんはいかがでしたでしょうか?
あっ、皆さんのBlogを読みに行けば…もう書いてありますよね(笑)


P.S.
今日の画像は…少し見にくいのですが^^;
少し前にストラップを作ったのですが、アルバムのジャケットによく似合っていたので一緒に撮ってみました♪
ハートのモチーフは静哉さんの「Complex Beads」で紹介されている
「apostrophe」という作品です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
らいすさん、こんにちは〜(^0^)/

ALの感想ですが、めちゃくちゃ感動しました!(**) 美術がお好きなだけあって、感性が優れているのでしょうか?^^ なんだか、言葉の使い方が適切で、しっかりとした感想になっていたと思います☆ 読みながら、ひたすら感動していました♪ 僕は、こんなふうに書けないと思うので、尊敬しちゃいます(≧▽≦) ただ、ひとつだけ残念なのが、12曲目のタイトルなんです(><) 「Good-night sweetheart」が正解なんですよね(爆) うっかり〜ミスだと思うのですが、ここに来て、感動が爆笑へと変化を遂げました(笑) でも、キレイにまとまった感想には、やはり脱帽しちゃいますね(@@)
けいぽん
2005/10/14 11:48
こんばんは〜。

 アルバムの感想なるほど〜と思いました^^。
ラストの「君と〜」は賛否いろいろ分かれてますよね〜。僕は、この曲はZARD=坂井泉水ではなくZARD=坂井泉水+αであることを示してるような気がします。
 竹井さんは単なるコーラスではなくボーカルの一人で、あえてメイン部分を竹井さんに任せて、泉水さんはコーラスに回っているそんな気がしています。
カイン
2005/10/14 20:45
コメントありがとうございました♪

>けいぽんさん
ダラダラと書いてしまいましたが、お褒めの言葉とご指摘(笑)をいただき、ありがとうございました。
12曲目…間違っていました^^;
速やかにタイトルを直させていただきましたのでご勘弁を〜ホント昔から「詰めが甘い」もので…(笑)

>カインさん
泉水さんの歌声を重点に聴きたい方なので…
最後の曲はこのような感想になりましたが、カインさんの仰るように「プロジェクト全体としてのZARD」として考えると、コレもありかな〜と思います☆
賛否両論分かれるのは、それだけみんな各々の聴き方があるって事で、面白いですよね♪
らいす
2005/10/16 00:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
「君とのDistance」 感想文♪ らいすPaper/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる