らいすPaper

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりのハローワーク&失業給付の話

<<   作成日時 : 2006/05/13 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
先週にやっと離職票が届き(遅いよっ/苦笑)昨日、ハローワーク(職業安定所)へ雇用保険の失業給付の手続きをしてました。
6年前にも職安へ手続きをしに来た事があったので、どうすればいいか何となく分かっていたのですが…職安に入るなり焦りました^^;


建物(外観)は同じなのに…何か造りが変わってる(笑)
入口すぐに大量にあった求人票ファイルの棚もない^^;
そして、時季はずれとはいえかなりシ〜ンとしてる。
(6年前に行った時はガヤガヤしていたんですけど〜?)
総合受付もビミョ〜に変わってる。


そして大きな違いは…
職探しが全てPC検索となっているではないかっ!( ̄口 ̄;
知らない間に情報化&PC管理化社会の流れに乗っていたのね(笑)
PC検索は満員御礼状態、色んな年代の方が検索していました。
(↑ちゃっかり人間ウォッチングしちゃう悪い癖/笑)


必要書類を提出して受付を済ませ、さらに新たに職歴・求職についての書類を書き込み、失業給付の受付に回りました。
そこで受付の人と退職理由やこれからの職種などの希望、世間話を少し(笑)して話して、2階へ移動して、給付金の振込先の手続きや需給についての説明を受けました。


ちなみに、雇用保険の「失業給付」とは何ぞや?という方へ…
↓ものすごく簡単に書きますが^^;

会社や各種事業所に就職すると「雇用保険」に加入します。
原則としてある程度の雇用保険者の期間があり一定の条件を満たしていていると、退職してから再就職するまでの間、「失業給付金」と言う保険金で補助していただける制度なのです。
ちなみに、給付金は全ての労働者&私たちが払ってきた雇用保険料や税金で賄われています。

それだけに失業給付を受けるには、結構厳しい条件やルールがあります。

雇用保険の一定条件を満たし、退職後も就職する意志があり、いつでも働ける環境であるにもかかわらず就職できていない人で、これからも積極的に職を探す人である事が必要条件です。
この事を雇用保険での「失業」というそうです。
もちろん働く意思が積極的に行なっていないといけません。

ですが、
・病気や怪我、妊娠ですぐには就職できない人
・離職してしばらく休業する人
・親族の看護、家事手伝いに従事する人
・再就職先が既に決まっている人
 (↑この人はすぐに収入が得られますから^^;)
…など、

他にも色々ありますが(あとは省略/爆)、このようにすぐに働けない人には給付はされません。

私も焦りました〜^^;
離職票の離職理由欄が「本人の都合」となってはいたものの、職安では詳しく書かなきゃないけません。
園との考え方の違いがもちろんありますが、障害者である母の入院&手術が1年に1〜2回あるので、仕事を休んだり遅刻または早退が出来る環境を探しているので、上記の「看護」にあたるんじゃないかと…^^;
辛うじてまだ歩けるし、入院はそんなにないので(普段はピンピンしてます/笑)、事情を話したら「これからは高齢化社会だから、そういう人もたくさん出てくるだろうし、そういう退職も仕方ないよね〜」と受け付けていただけ、ホッとしました(^^ゞ


給付を受けるまでには…
私の場合は自己都合で退職したので、給付金をいただけるまでに3ヶ月間の「給付制限期間」があります。

まず手続きした日から7日間の待機期間の後、決められた日の説明会に参加します。
(解雇、定年、やむをえない理由による退職の人は7日間の待機期間の後の制限期間がありません)

その後、決められた日・時間に職安へ行き、「失業」の認定を必ず受けなければなりません。
この日に行かないと待機期間が満了にならず、給付が先延びになってしまいます。
制限期間3ヶ月の間に再就職先(正社員のみ)が決まらず、認定を受け満了すると、3ヶ月間だけ給付金が支給されます。(給付を受けている間も、認定を受けに行かなければなりません)
※制限中・給付期間中に、パート・アルバイト・ボランティアなどの「労働」をすると、賃金の有無に関わらず必ずに申告をし、労働した日の分だけ給付日が先延びになります。
さらに、6年前とは大きく違うのが、新聞や就職雑誌・ネット検索しただけではダメで、職安への就職相談やセミナー、実際企業への就職活動を行なっていないと認定と認められなくなっていたことです…私かなりシャイですし、気に入った条件じゃないとアクション起こさないんですよ〜職安へこまめに相談に行こうかしら^^;
ちなみに、給付金は前に働いていた職場での給料に応じて支給されます(限度はあります)


と、給付までの道のりはこんな感じに厳しいのでございます^^;
…ここまで読むだけで頭が痛くなってきたのでは?(笑)


ちなみに、給付期間内(期限中も)に再就職が決まり、ある条件を満たしていると支給残日数の3割分の「再就職手当」がいただけます。この制度もなかなか嬉しいものですね♪

私が次回行くのは18日(木)。
職安に行くついでに職も検索しようと思います。
面白そうなセミナーもないかしら〜?(笑)
やはり給食(病院・会社などの食堂でもOK)か、栄養士免許を上手く使える職場がいいですね。第一希望は給食調理の業務にしてきました。

でも、いきなり言われちゃいました…
「この時期の給食や栄養士の仕事って、今は就職した人ばかりだろうから、もうしばらく待ってみると求人が出てくるかもね〜」と。
私もこの業界にしがみついている人間(笑)、その辺の事情はわかります…実際、探したけどないもん(T_T)
気長に探しやす。


…このように、正社員で長く働くと条件は厳しいものの、失業後の給付が受けられます。皆さん社会人として働くなら極力正社員の方がいいですよ☆


正社員の方がボーナスもありますし〜♪(爆)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
らいすさん、こんばんは。就職探し開始なされたようですね。これからが大変かと思いますが、らいずさんなら大丈夫だと思います!私と違って(笑)。
ブログ読みました。6年前って、パソコンではなかったんですか?知らなかった(笑)。私は職探しは、専門相談所がもうけられていて、(障害者、高齢者のみ)それだけでも不自由分なので、パソコン使って専門の方ももっていったり、(みずから勝手に)よそでのパソコン使ってまた専門相談所へ・・・。またまた新聞や、道端での無料の求人ももらって、気に入ったらまた相談所までもって行ったぐらいでした(笑)。それでもなかなか採用されませんでした・・・(面接も受けられずに)
雇用保険って、3ヶ月間は、なにももらえないのでしょうか?一身上で。私は、やもえない退職&解雇のようでした・・・。だから7日待機で早くもらえました!(ラッキー!)それでも必死になって探し、今は紙器製造関係に勤めています。今年の後半、忙しくなりそうですが、その間にライブを♪その前に新曲トップテン入り果たしてほしい!!
話はそれましたが、1日早い就職先を見つかることをお祈りいたします。
わんわん
2006/05/14 09:02
わんわんさん、こんばんは☆
私も職探しは結構大変で…職経験はあっても短大や大学を卒業していないので、求人の幅が狭いんです^^;
でも職安と失業保険を大いに活用して(笑)頑張りますね☆

6年前は求人の閲覧はPC検索ではなく、求人情報のファイルを自分で取り出して読んでいたので、一人が持ち出すとなかなか読めなくて大変でした。今は本当に便利になりましたね(笑)

失業保険は退職理由や退職状況にって給付のタイプが違い、自分の都合による退職だと、給付金がいただけない期間が設けられるんです。失業保険はお金をもらうための保険ではなく、働く意欲がある人への早い再就職をサポートするのが目的ですから、そうなるのでしょうね☆
らいす
2006/05/18 22:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
久しぶりのハローワーク&失業給付の話 らいすPaper/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる