らいすPaper

アクセスカウンタ

zoom RSS 「朝から万博に行こう会」(笑)/「森」の章

<<   作成日時 : 2005/08/20 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

南の森にある「森林体験」の受付に行くと、インタープリターとあるく森のツアーが今から始まるという事でしたので、そのまま参加することにしました。
1回の参加人数は40人で約50分のツアー、2チームに分かれ私たちは森の案内人(インタープリター・カトちゃん)さんに諸注意を受け、入り口で熱中症予防にペットボトルのお水「森林(もり)の叡智」をいただき南の森の中へ…ですが、みんなお茶などを持っていましたので、そのまま「お土産」として持って帰ることにします(笑)

「曇りのち雨」のはずだったお天気が…日ざしも強くなり、急な坂道などあるのでフラフラにはなりましたが、植物や生き物の話を聞いたり説明をしてもらいながら楽しく進んでいきました。
森の静寂に「本当にここは万博会場なのかしら?」と何度も思ったのでした(笑)

途中でMっちさんがカマキリの(脱皮した)脱け殻を発見!
私も初めて見ましたが、触角やカマまで見事に剥けているのに驚きました。
そのあともセミの脱け殻もたくさん発見し、ちょっとしたヒーローになっているのでした。
ですが…数分後、脱け殻を紛失(笑)

さらに置くに進んでいくと、小さなテントが二つありました。
ここで、参加者による「オリジナル家紋作り」という体験イベントが行われるのです。
インタープリターさんによると家紋は元々葉や花など自然のものからヒントを得て作られているそうで、家紋には「意味」や「願い」も込められているそうです。案内してもらった森からヒントを得て、皆で家紋を作り、その願いも込めてみようという内容でした。

早速、用紙を貰いボードとトペンを借りて周辺に分散し、家紋作りSTART!
私は森の入り口で説明をしていただいた栃の木の葉と、たまたま座った場所にあった細い葉っぱを組み合わせて一枚の葉の家紋を作り、「光葉紋」と名付けました。
願いは「光をたくさんうけて、私もみんなも大きく成長していけたらいいな〜」と。
…ちょっとクサかったですね(笑)
このあと、もう一つのテントでお互いの家紋を見せ合う「即席展覧会」が始まりました。
どれも個性的でステキだったのですが、個人的にS介さんの「堀絵紋」、Mっちさんの「脱皮紋」そしてI月さんの「どんぐり紋」がツボでした(笑)

これでプログラムは終了、解散後は出口(3ヶ所あります)に出るまで好きなだけ森を散策しても良いので、スタンプラリー(スタンプを5個集めると絵本がもらえます☆…まだ貰っていませんが^^;)をしながら受付をしたビジターセンターの方まで戻っていきました。
暑かったのですが、ここでも童心に帰り(笑)、今度は違うプログラムを体験してみようと思います。
出て行く際、係員さんに万博の入場券を提示するとエコポイントがいただけました☆

ビジターセンターに戻るとそのまま「エコ・リンク」へ。
ここでは環境に対して私たちに何が出来るかをクイズなどでわかりやすく説明がしてあり、ここでは環境への取り組みを紹介したCD−Rをいただきました。
さらに、ここでも万博の入場券を提示すると、エコポイントをGET♪

外へ出ると「釣り」が出来るとの事で、男性陣は水に浮かんだ葉っぱや松ぼっくりを必死に釣っていたのですが、特に松ぼっくりを釣るのが難しいらしく、見事釣ったMるさんはちょっとしたヒーローになりましたね〜(笑)
私はその横で手作りの「音が大人しい(←製作者談/笑)」獅子おどしを「コン…」と鳴らして遊んでいました。

その横にはログハウス風の小屋で遊びが体験できるコーナーがあり、石や植物などの自然のもので出来たおもちゃで楽しみます。さらにおとなりの「思いで教室」では、昭和30年代(大阪万博の時代だそうです)の小学校の教室を再現してあり、そこでみんなで「遊びの効用」について学ぶのでした。
ここで、みんなが子供の時(子供は「現在」という事になりますが…)にやった遊びを発表していくのですが、Mっちさんが「走り回ってた」と発言…後からこの言葉を皆、納得する事になります(爆)

森を歩き、環境の勉強をし、遊びも出来る…さらに風の音や虫の声を聞いたりと、自然を肌で体感できる、とても良い所でした。まさに「森がパビリオン」でした☆
結局ここに…昼ご飯も食べずに2時間以上はいましたね(笑)


おそい昼食を済まし、再びコモン4巡りに。
オランダ館やベルギー館では映像に「ゆったり〜まったり〜」してしまうのでした。
ここで言っちゃいますが、実はベルギー館のスクリーンでワタクシ…昼ごはんを食べた後だけに少しウトウトしていました(爆)
北欧共同館では絵はがきを持ち帰れたり、好きなメッセージを印字した船を折り紙のように作って浮かべる事ができるのですが、ここではOさんが「あの方」の歌詞をそのまま印字(笑)さらにI月さんがZARDのある曲のタイトルを印字して、お二人とも水に浮かべて出航させたのでした(笑)

コーカサス共同館に行くと、テレビカメラが取材をしていましたがそのまま入場。
後から男性陣に聞いたのですが、私とI月さんがアテンダントさんからカードを貰っている時、カメラで撮られていたらしいです煤i ̄口 ̄;
…さらに私たちが貰い終わり、次に男の人がアテンダントさんに貰いに行こうとすると…カメラはすっと帰っていったそうです(笑)
I月さん曰く、「出演料いただかなくては〜!」(爆)


→「夜」の章に続く (まだあるんかいっ!笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
家紋を考えている時、蜂(≠八・・・爆)が近づいてきて、1人で恐怖を味わっていた、Nやん1号でございます〜^^;、、、また1人でもがいていたようです(笑)1人上手なんでしょうか(爆)

子供の時やった遊び。。。発言をするとき「かんけり」を予定していたのに、すぐ前の男性に言われてしまい、もの凄く焦っていました。。。心拍数がこの世のものではありま泉でした(爆)、、、あっ、ここでも1人でもがいていたようです(笑)やっぱり1人上手なんでしょうか(爆)

Nやん1号
2005/08/29 16:13
折り紙の船を、Oさんに無理やり作らせてしまいました^^;Oさん、すいま泉・・・水☆
、、、でも、完成したときのOさんの満足げな笑顔を見て、、、作ってもらって良かったと言うよりも、Oさんの「あの方」への熱い想いを、改めて知りました(爆)

→「夜」の章に続く(まだ書くんかいっ!笑)
Nやん1号(書き忘れ/汗)
2005/08/29 16:21
一人上手の?Nやんさん(笑)
コメントありがとうございます☆

また一人でもがいていらしたんですね〜書かなければ誰にもわからずにすんだのに…自らカミングアウトしていますね(笑)

私も前の人に言われるんじゃないかとドキドキしていたのですが、言われなくてホッとしていました…言われた時の為に一応別の遊びも考えていましたけど(笑)

船はNやんさんの後押しがあったんですね〜
確かに、完成した時のOさんはいいお顔をしていらっしゃいましたね☆まさに「愛」を感じました。
らいす
2005/08/30 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
「朝から万博に行こう会」(笑)/「森」の章 らいすPaper/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる